会社案内 硬質クロムめっきとは 業務案内 要求特性とめっき What'snew HOME
 
   
 
         
 
    NOW PRINTING    段ボール製造機械、コルゲートマシンの心臓部である段ロールです。
(200〜400φ面長1500〜2500L)2本の段ロールをギアーの様に重ねて高速で回転させ、再生紙である紙を段ボールの中心の波型に成型します。硬い紙との摩擦によりロールに耐久性が求められるため、表面処理に硬質クロムメッキが採用されています。円筒度・芯円度等の精度は勿論、数百ある山・谷の一つ一つの精度もシビアーに求められます。
 
     

 当社の加工製品の中でも大きな部類に入り最大の製品は3000φx1000Lという物が あります。また、特に重要な溝の底は通常の方法ではメッキが付きにくいと言う欠点がありましたがアノード(陽極)に工夫を凝らし欠点を解消しました.

         
 
 
区分
用途
めっき厚さの例(μm)
ロール類 製紙用(カレンダ類)
20〜50
鉄鋼加工用
非鉄金属加工用等
金型 プラスチック成形用
10〜50
一般打抜及び成形用
鍛造用
シリンダ及びライナー 油圧・空気圧機器用
20〜30
水圧機器用
エンジン用
50〜100
ピストン及びピストンロッド 油圧・空気圧機器用
20〜30
水圧機器用
工具 切削用
計測用
3
シャフト及びジャーナル 一般機械用シャフト
30
内燃機関用シャフト
50
一般用ジャーナル
その他機械部品 紡織機用部品
20
一般機械部品
20
印刷用品 印刷用ロール及び板
2

 
 当社では、硬質クロムめっきを専門にしておりますが、協力工場を持っておりユーザーの皆様のご要望にお応えするため次のような各種加工も受け賜っております。
 
防錆・装飾めっき 溶融亜鉛 / ユニクロ / クロメート / 装飾クロム
金 / 銀 / ロジウム /  無電解ニッケル / その他
防錆処理 黒染め / パーカーライジング / アルマイト処理(アルミニウム) / その他
焼き入れ 高周波焼き入れ / タフトライド加工 / その他
機械加工 円筒・センターレス・平面・内径研磨 / ホーニング加工 / その他 
再生修理
(ロールなどの補修)
めっきのはく離除去 / 再加工 / 肉盛り補修 / 寸法・精度修正 /  素地ピンホール修正
 
 
 
 
 
 

機械的特性
@高硬度
めっき皮膜の硬度はJISで規定された微小硬さ試験法で測定し、ウィッカース(Hv)などで表示します。地球上でもっとも硬い天然鉱物はダイヤモンドでルビーも結構硬くHv1300もあります。硬質クロムめっきは通常の電気めっきの中ではもっとも高硬度で熱処理鋼、窒化鋼などより遥かに高いHv800〜1200の範囲のものが用いられます。
A耐摩耗性
硬質クロムめっきに要求されるもっとも重要な基本的性質であるきわめて良好です。
B耐熱性
加熱によって硬度は徐々に低下していきますが当社が硬質クロムめっきを施した熱間鍛造金型は700℃の条件下でも良好な結果がえられています。
C耐食性
塩化物以外の化学薬品に対して安定で大気中でも10μm以上の厚さをもつ皮膜は比較的良好な耐食性を示します。
D肉盛性
寸法補修や修理を目的としますが、同時に耐摩耗性、高硬度、切削加工性などが要求されるのが普通で印刷用ロールやシリンダー、各種シャフト軸受、金型などの修理や寸法調整には硬質クロムめっきが活用され金型や摩耗したシャフト類は修理再生させる方が経済的であり寿命も遥かに延長させることが可能です。
E型離れ性
金型に要求される特性で一般的には同時に高硬度も必要となるため硬質クロムめっきが活用されています。ウレタンゴムのように型離れ性の悪い素材の金型では硬質クロムめっきを15μm施し、さらに離型剤を使用しています。